〜素敵なマイホーム作り〜

マイホームの手続き

設計業者の手続き

平面図でのチェック

住まいへの色々な希望は、大切な設計要素です。
設計事務所や工務店には、遠慮せず率直に意見を言うべきです。
そうした話合いから予算規模や暮し方がまとめられ、マイホームの平面プラン(平面図)が作られていきます。
平面プランができたら、図面上で日常生活をイメージして、部屋の広さ、眺望やプライバシーなどについて細かく検討します。
また、道路など外部との関係もこの段階でチェックしておかなければなりません。
設計図には建て主として見ておきたいものに、

・平面図……
間取りを示したもの

・立面図……
建物の外観デザインを示した図

・矩計図……
建物の細部の高さを示した図

・仕上表……建物各部の仕上材など

・外構図……
門や塀など

・仕様書……
図面では表現できない細かな内容や性能、加工法などの指示などがあります。
手直しを求める部分については、この時に希望をきちんと伝え、修正や変更を頼みましょう。

細かい見積りを頼む

最近は工事区分ごとの総額表示や坪単価のみの表示は減少しましたが、項目によっては類似したものがあります。
仕様変更の場合、細かく見積られていないと、どのように変更になったのか分からなくなります。
また、複数の業者から見積りをとる場合は、工事区分ごとにどれだけ明瞭にコストが分析されているかが、信頼性の目安になります。
この段階で先を急ぐと、逆に時間と手間がかかりがちです。
ですから、じっくり検討したほうが得策といえます。

引渡し書類の受理

工事中の建物は、引渡しまでは施工会社によって管理されています。
それを正式に建て主に引き渡す場合、竣工検査が行われます。
検査は建て主の立会いで(設計事務所が介在した場合は、設計事務所も立ち会う)行い、問題がなければ、最終支払いをすませます。
これで引渡しが行われ、はじめてマイホームが手に入ります。
施工会社から完成引渡書、鍵、保証書、登記に必要な書類などを受け取り、登記手続きを済ませます。

確認申請

マイホームを建てるときには、事前に建築確認を申請する必要があります。
建築確認申請は、建築関係法令、都市計画法令、地方自治体の条例などに適合する計画であるかを確認する手続きです。
住宅を建てる場合は、この建築確認を受けなければ着工はできません。
もしも建築確認を受けないと、違反建築となり、住宅金融公庫の融資や銀行の住宅ローンも活用できなくなります。
また、確認がおりた建物でも、申請図書と異なる住宅を建てると、やはり違反建築になります。
確認申請は、自分で行えますが、かなり専門的な知識を求められるので、専門家に頼んだほうが安心です。
通常は、設計を依頼した設計事務所、または工務店が代行して、建築予定地の地方自治体(市町村役場の建築主事)に必要な申請手続きを行います。
申請手数料と、代行手数料が必要です。
建築確認の申請手数料は、建築する建物の床面積によって違います。
完了検査が必要で、こちらも床面積に応じて手数料がかかります。

確認申請の流れ

所定の申請書に、建築工事届、建築計画概要書、案内図、配置図、平明図、側面図(2面以上)、矩計図(または断面図)などを添付します。
また、一定規模以上の建築物などによっては、構造計算書日影図も必要です。

詳細については、申請地の役所の建築課で聞きましょう。

確認申請書を受理した建築主事は、各種の関連法令に反していないかをチェックし、主事の判断で確認または確認拒否の通知をします。
図面の書き直しを命じることで、確認する場合もあります。

建て主は、建築主事からの確認通知を受けてはじめて、工事現場に確認済証を表示して着工できます。
確認どおりに施行されたかどうかは、工事監理者が署名押印した工事完了届で証明し、建築主事に提出する決まりになっています。
つまり、工事監理者である建築士が行政庁にかわって検査の一部を代行するわけです。


設計業者

設計者について

建築士法では、延床面積が100u以上の建物(鉄筋コンクリート造などは30u超)は、1級・2級建築士か木造建築士の資格を取得した人でなければ設計・監理ができません。
これらの資格を持つ人は、設計・施工を一貫して請け負う工務店や、設計のみを業とする設計事務所に所属しています。

設計と施工を一貫して依頼するか、それとも別々にするかはそれぞれです。
医療の世界で医薬分業が徐々に進んできたように、最近はデザイン志向が強まっている時代背景もあり、住宅の設計を設計事務所に依頼するケースが増加しています。

工務店

施工を行う工務店も、設計業務を行っています。
設計料は、設計事務所に依頼するよりも低価格です。
理由は、費用が設計・施工の一本化で安くできる事と、自社の手慣れた共通仕様で設計をまとめることができるからです。
したがって、細かく図面化しなくても、過去の経験から腕のいい職人さんが施工できるメリットがあります。
ただし、見積時などによく確認しなければ追加工事が出ることもあります
設計内容よりも、長年の勘と経験が大切にされがちだからです。
とくに、電気の配線やガスの配管などの使い勝手はワンパターンな設計に流れやすいのでよく考えるべきポイントです。

設計事務所

設計事務所の場合は、設計内容で決まるので、建て主の要望にきめ細かく応じてくれます。予算や趣味、ライフスタイルにいたるまで細かく検討し、設計者と建て主のお互いが満足できるようにしていきます。
また、施工業者からは自由な立場ですから、設計意図をもっとも反映する方式が選べます。同時に施工にあたっては、施工会社に対して建て主の立場から代弁してくれます。
打合せでは、具体的な家族構成と好み、家族の生活ぶり、家具・道具・書類類のサイズや量、敷地条件、予算条件などを伝えるようにしましょう。
なお、設計事務所を通して施工会社を選ぶ場合、専門家の目で厳しくチェックされるので安心ですが、工務店に直接依頼するときには、アフターケアが万全であるかなどを事前に確認するといいでしょう。



おすすめWEBサイト 5選

日テレNEWS24
http://www.news24.jp/
エスニック
http://www.asian-toybox.com/

最終更新日:2014/9/19

↑TOP

powerd by google
WWW を検索
不堂さん.com 内 を検索







CopyRight(C) 不堂さん.com All Rght Reserved