〜素敵なマイホーム作り〜

マイホームを建てよう

構造

建設会社は自社の手がける構造体や工法などを前面に宣伝する場合がありますが、会社ごとに採用している断熱材に違いがあります。
構造と断熱それぞれについて知ってみましょう。
住宅はいろいろな材料から出来ていますが、構造とはその建物の骨組みの材料と工法などを指しています。

木造(在来軸組み工法)

日本に古くからある工法で、もっとも一般的な工法です。柱と梁を骨格として組み立てられおり、柱の間には筋交いが入ります。間取りが自由度も高く、増改築などにも容易に対応できます。
現代では接続部にメーカーなどが独自に開発した特殊な金具を使うなど、在来工法も日々改良されてきています。
現地で木材を加工する場合と、工場でプレカットされた材料を現地に搬入して組み立てるだけなど、メーカーや工務店により加工方法に違いがあります。
この工法は一般工務店・住宅メーカー・建築家など、現在も多く採用されている工法です。
建築コストはこの中では一番安いです。


木造(ツーバイフォー工法)

枠組み壁式工法とも呼ばれています。北米で生まれた工法で、2×4インチ材で主に作られているのでこの名前で呼ばれています。柱で家を支えるのではなく、構造用合板で作られた壁が家を支えます。
軸組み工法では力が建物の一部に集中する場合があるが、壁式は力を全体に分散する。というのが売り文句である。
また施工手順が簡単であり、マニュアル化されているため、軸組み工法のように熟練工を必要としません。
この工法は住宅メーカーに多くみられ、2×4の他に、2×6〜などを使用するメーカーも増え始めています。
建築コストは在来工法よりはやや高めです。


鉄骨造

建物の主要構造部分に鉄骨を使用する工法です。使う材料には「軽量鉄骨」や「重量鉄骨」を使用します。
鉄特有の高強度を生かし、木を使う構造よりも大スパンの空間を作る事ができ間取りの自由度も高いといえます。ビルやショッピングセンターなどは重量鉄骨を使用して建築される場合が多いです。
建築コストは木造より高くなります。


プレハブ工法

ユニット住宅と呼ばれることもあります。工場で生産された部屋単位のユニットを現地で組み立てる工法です。
壁や屋根が同時に組み立てられますので、かなりの工程が工場で完成するので品質管理面においてはTopだと言えるでしょう。気象の影響もほとんど受けません。キッチンやお風呂なども組上げられていますので、現地で組みあがった段階で80%近くが完成しているでしょう。
ユニットは材料の種類によって木質系・鉄骨系・コンクリート系と分類されます。
建築コストは一概には言えませんが、この手の工法は大手住宅メーカーが大規模な工場で行っている場合が多いため、かなり高いと思われます。


鉄筋コンクリート造(RC造)

構造部分が鉄筋コンクリートになり、木造のように工法がわかれます。
柱や梁を構造部分とするラーメン構造にははマンションなどの建築物があげられ、開口部などを大きくとることができますが、室内に柱や梁などが飛び出して来る場合が多くあります(マンションは特にですよね)。
壁式構造では柱や梁がありませんが、壁が必然的に多くなりますので、大開口を設ける事は難しくなります。また窓を増やすと壁が減るので窓の位置や数にも制限があります。
耐震性や耐火性、防音性はトップクラスといえるでしょう。
建築コストはプレハブ工法と並んでかなり高いと思われます。
小さな工務店なども施工可能ですが、コンクリート工事はやり直しが難しいので施工経験が多い会社をお勧めします。


断熱を知ろう

断熱

人間は寒い時には暖房を使い、暑いときには冷房を使います。
一昔前は、いくらストーブを焚いても家がなかなか暖まりませんでした、この原因は窓などの開口部の隙間だったり、断熱材の低性能が原因だったりします。しかし現代にはとても高性能な断熱材が存在しています。
断熱は寒い地域に必要な感じがしますが、暑い地域にも必要です。涼しくなった室内を灼熱の外と断熱しなければ冷房は効きませんよね。
住宅用によく使われる断熱材を紹介します。

グラスウール

最も一般的な断熱材で、世界で一番シェアがあります(日本での使用率は約50%)。ガラスを繊維に加工したもので、さわるとチクチクする綿です。中に空気を含むことにより熱の移動を防ぎます。
より性能を高めた高性能グラスウールというものもあります。
よくグラスウールは結露に弱く湿気にも弱いと聞きます、また本などで真っ黒にカビたグラスウールをみた事がある方もいるかもしれません。しかしグラスウール自体はガラス繊維ですので燃えることは無く、吸水もしません。ただ繊維になっているので水に濡れると保水してしまい、乾くのに時間がかかります。濡れた状態では十分な断熱性能は得られませんが、ちゃんと乾燥させれば性能はもどります。
グラスウールは柔らかいので、施工は柱などの構造体の間に設置する方法になります。
防湿処理を完全に行えば、性能も良くコストパフォーマンスに優れた材料だといえます。

ロックウール

鉱物=ロックなのでロックウールです。天然石を主原料とした人造鉱物繊維で、グラスウールの色違いのようなイメージです。
同じ厚さでは通常のグラスウールよりも断熱性能が高くなっています。
よく誤解されますが発がん性はありません。

セルロースファイバー

天然の木質繊維で、新聞古紙からリサイクルして生産されています。
新聞紙を細かくして綿状に加工したものです。固定の形がないので、シートを貼った壁内部に、ブローイング工法で吹き付けて充填させます。
新聞紙なので燃えそうな気がしますが、ホウ酸系薬品により防燃処理がされていますので燃え広がるのに時間がかかります。

押出法ポリスチレンフォーム

板状に形成された発泡プラスチック断熱材です。吸水性が少ない、耐圧縮性が高いなどのメリットが多数あります。
近年普及している外断熱工法などの断熱材に使用されます。
種類別に、1種・2種・3種と高性能になっていきます。直接の熱には非常に弱いですが、3種になると一気に燃えて溶けるような事はないでしょう。
寒冷地では基礎の型枠と一体化しコンクリートを打設して、基礎断熱をする工法も増えてきています。

硬質ウレタンフォーム

発泡性のプラスチックフォームです、軽く硬いのが特徴で、他の同系材の中では最も高性能です。工場で板状に加工した製品と、現場で吹き付けて発泡させるものがあります。他素材への付着性が強く、コンクリート造の内断熱などに用いられ複雑な断面にも充填性がよい材料です。また吸湿による断熱性能の低下がないのも特徴です。
これからの時代はウレタンが主流になって来るのではないでしょうか。


内断熱工法と外断熱工法の違い

内断熱工法

内断熱とは柱と柱の間にグラスウールなどの断熱材をいれる工法です。筋交いがある場合は筋交いを避けるために断熱材を細かく分割して設置します。柱や筋交いの他に配線や配管がある場合はもっと細かくなるかもしれません。
柱や筋交いで断熱材が切られますし、柱と断熱材の接地部分に隙間が出来る可能性も高くなる(断熱が一体化にならない)ので、施工に注意が必要です。熱の伝導率が木と断熱材では異なるので結露になり易い環境ともいえます。
内断熱ですが、筋交いがない壁が構造体の2×4工法でも同じで、2インチ×4インチ材の間にグラスウールを設置します。
グラスウールの性能は悪くないのですが、袋に入った綿状なので圧縮性が高く自立できない材料なので、施工に左右されやすいのが難点です。断熱材にグラスウールを使用するメーカーは内断熱工法ということになります。内断熱の短所を補う工法を独自に開発している住宅メーカーもあります。

外断熱工法

最近はやりの工法で、構造体の外側全体にポリスチレンフォームやウレタンの断熱材を設置するものです。外側から家全体をすっぽり断熱材で囲んでしまうもので、柱などの構造体も断熱材の中になるので耐久性が高くなるというのがウリ。
外側で断熱材が連続しているので柱などで欠損する部分が無く、気密処理が容易です。
注意点として、外側に断熱材があるので断熱材が厚くなるほど構造体と外壁の距離も遠くなってしまうので、極端に厚くすることはできず、重い外壁を採用する場合は注意が必要です。
(外壁は断熱材を釘で貫通させて構造体に止めてあります)
スウェーデンでは新築全てが外断熱で施工されています。

内断熱と外断熱はそれぞれ一長一短があります。
施工会社や協会のホームページなどを見てみると、他工法の悪い部分をより批判し自分の工法がどんなに優れているかを強調してばかりです。
構造と断熱は密接な関係にあるにも関わらず、断熱材自体の性能ばかりを比較している所もあります。
情報が氾濫していますので、全てを信じないで情報を収集しましょう。


間取りを考える

土地の向きは、南向き?それとも北向き?角地?

住宅地では区画整理の結果、南向き・北向き・角地などの特性をもった土地にわけられます。
住宅地には隣接する道路が必要なため区画整理が行われる時には道路も作られます。住宅用の区画を多くとるために(道路を少なくするため)必然的に間口が狭く奥行きが広い土地になってしまいます。
南向きと北向きでは玄関の位置が反対のため、間取りがガラッと変わってきます。

■南向き

一般的に日当りが良く、道路に向かって庭などをつくることもできる。家の位置を北側に寄せることで土地を有効に活用できる。家の正面を道路側に向けているため、リビングなどに大きな窓などがあると丸見えになってしまう場合がある。交通量が多い場合は視線がきになりカーテンのレースを開けれないなんてことも・・・。

■北向き

一般的に日当りが不良で、道路側には車の駐車スペースなどを確保するのみ。家の顔となる外観が北向きに再現しずらいため暗いイメージになる。南側がプライベート空間となり、不特定通行者などの視線が気にならない。2階リビングなども提案され、南向きの土地にくらべ間取りも考え易い。

■角地

南西・南東・北西・北東と道路に面していて、間口の広い方向が必ずあるので土地を有効活用できるのがメリット。
日当りも良好ですが、道路からの視線は多い一番多いでしょう。

土地の地価は一般的に 南>西・東>北 になります。

■モジュールって?

住宅の大きさを考えるときにつかう寸法の単位です。簡単に言うと廊下の幅の単位ということになり、部屋の広さや間取りの基本となります。【910mm=3尺がもっとも一般的です。】



Favorite

最終更新日:2015/2/10

↑TOP

powerd by google
WWW を検索
不堂さん.com 内 を検索







CopyRight(C) 不堂さん.com All Rght Reserved