〜素敵なマイホーム作り〜

マイホーム物件探し

まずは購入計画について

購入計画を立ててみる

家を購入するのはそう何回もあることではないでしょう、それだけにしっかりした計画を立てて必要な手続きを確実に踏んでいかなければなりません。
まずは物件を探すことから始めなければなりません、それに伴う資金の問題も計画します。
物件を探すには、立地や間取りを見ることの他に永住にも何かのときに売却するにも適しているかを考え探すことが重要です。
まずはネットなどで『広島 賃貸』などと検索してみるのもいいかもしれません。

返済計画も長期に渡るローンを組むわけですから、途中で破綻しないようにあまり無理の無い計画を立てることが望ましいでしょう。
そして何処に買うのか、マンションにするのか、一戸建てか又は中古か新築かも予算との兼ね合いを考えながら決めていきます。
これらの情報収集は、不動産広告が一般的ですし、インターネットや住宅情報誌などを利用するのも良いでしょう。

エリアが決まっているなら、不動産業者に前もって伝えておき、物件が出たら連絡をしてくれるよう頼むのも一つの手です。


物件の調査

物件の立地と権利を調べる

物件を調べるには現地に何回か足を運ぶことが良いでしょう、さらに異なる条件で数回行ってみることをおすすめします。
物件を探していると解りますが、100%自分の条件にあてはまるものはまずありません。
まずは何を優先するのかを考え、物件を選んでいくとよいでしょう。
そして今は地価の上昇も沈静化していますから、条件に見合わない場合は長期で探すほうがよいと思います。

立地を選ぶときのポイントの一例

・交通の便

・公共施設の有無

・買い物の便

・日照、通風、水はけ、地盤、周囲の生活環境

・水道、ガス、電気などのライフライン

物件に目星がついたら、その物件の権利関係調べなければなりません。
その土地建物の所有者が誰なのか、又所有者以外に何らかの権利を持っている人がいないかなどを確認しなければ後々トラブルにもなりかねません。
このような権利関係を調べるには、法務局に行き不動産登記簿を閲覧しましょう。
必要に応じて登記事項証明書などをもらうことも可能です。
さらに法務局には、公図も用意されていますから、土地の形や道路との関係も明確に解りますので利用した方がよいでしょう。土地はフルに活用したいですからね。

駐車場やパーキングがないことに不便を感じる人も多いと思います。 駐車場経営(パーキング)で土地の有効活用をしようと考えている地主さんに近所に駐車場やパーキングを作ってもらいたいですよね。


物件の確認から契約まで

◆確認から契約まで

物件が見つかったら、売買契約を結びますがその前に業者から説明を受けなければなりません。
業者から受ける説明は「重要事項説明書」をもらい説明をうけます。
重要事項説明書には物件に関わるあらゆることが記載されていますし契約の解除のことまで記載されています。
重要事項説明書を確認して、不都合な点や不明な点がある場合は納得がいくまで聞くことが大切ですし、契約自体を白紙に戻すことも必要かもしれません。
又、売買契約書を作成する段階でも、印鑑を押してしまえば契約は成立してしまいますから内容を良く読んで十分納得して印鑑を押すことが大切です。
契約を結ぶときには手付金も必要です、通常は売買価格の10%程度で、もし契約を白紙に戻す場合は買主が要求すれば、手付金は返ってきませんし、売主が要求した場合は手付金の倍返しを支払う必要があります。


売買契約が締結したらいよいよ住宅ローンの申し込みです。

住宅ローンには、公的ローンと民間ローンとがあります、住宅金融公庫は住宅金融支援機構に移行していますから新規の融資は行われません、代わりに住宅金融公庫と民間金融機構が提携して行う「フラット35」が登場しています。
他にも財形貯蓄をしている人は財形融資が受けられます。

民間ローンでは、信用金庫や銀行のローンや住宅ローン専門会社のローンなどがあります。

ポイントとしては、近年のローンに対する考え方は以前とは違い、出来るだけ少なく借りて早めに返すのが理想とされています。
それは地価の上昇もそれほど望めませんし、以前のように給与やボーナスが上がり続けるとも限らないからです。



注目サイト

ヒップホップ用ダンス衣装 
http://www.rakuten.ne.jp/gold/honkakuha/

最終更新日:2015/2/10

↑TOP

powerd by google
WWW を検索
不堂さん.com 内 を検索







CopyRight(C) 不堂さん.com All Rght Reserved